/ 
ブラックスワン 第18話
悲しんで泣いているジャーニーを見ていたモウルでしたが、
相当迷ったあげくにいいました。

「ジャーニー、でも一つだけ方法があるときいたんだ。」
「なに?!早く言ってよ!」
ゲンキンなものです、ジャーニーはすぐに泣き止み方法を聞きます。

「その方法は。。。その方法は。。。。
 そ、それは、、、そそそそそ、、
 そそそそそ、そー、そー、そそそれは。。。」
「はやく。」
ジャーニーがすごみます。
「そそそそそそそそ、それは、エンマさんを楽しませる事だそうだ!!」
「え〜〜〜〜!!どういうこと〜?体?!いやよ〜〜!!!」
ジャーニーはわめき散らします。
「ちがうんだ、音楽でだ!!」

**********************

エンマ大王様は音楽が大好きなのだそうだ。
そしてエンマ様を楽しませ、感動させる事が出来たら、
地上界へのパスポートがもらえるというのです。

しかしエンマ大王様は並大抵のレベルの音楽では楽しくならないお方で
今まで数多くの者達が、エンマ様を楽しませようとしましたが、
ここ2000年間で2〜3人の者のみ。

d0103885_18375090.gif


しかも、恐ろしい事にその挑戦に失敗した者には死にはしないが
不幸が訪れるというのです。

「な、なんてリスクの高い挑戦なんだろう。。」
ジャーニーはつぶやきます。
しかし、今のジャーニーにとって一番の不幸は
モウルが来てくれなくなり、もう二度とモウルと会う事が出来なくなる事です。
それこそ地獄です。
モウルを信じていればよいのに、どうしても悪い事を考えてしまうのです。

やはり自分もパスポートを手にして、モウルの生活している地上の世界に
行けるようにならなくてはと強く思うのです。



「私、エンマ大王様に挑戦するわ!そしてパスポートをとって
 地上でモウルと暮らすの!!」
ジャーニーはバンドを組んで最高にかっこいいプレイを見せつけ、
エンマ大王を楽しませてやろうと決心しました。
心配するモウルを説き伏せ、エンマ様に依願状をだしました。
10日ほどでエンマ大王から3ヶ月後にジャーニーのパスポート審査
を行うと言う返事がありました。


**************************


ジャーニーはたまご業で成功し、財を成し、時の人。大資産家です。
お金にモノを言わせて、超一流のアーティスト、楽器、機材を集めにかかります。 
金に糸目は付けません。そしてみんなお金を前にすると、
以外とあっさりいうことをきくのです、
最高のモノを得るにはそれ相当のお金が必要なのです。

d0103885_18403557.gif


ジャーニーのバンドは最高のバンドになりましたが、
大切なメンバーをとられた人達もいたので、
悲しんだ人達もいました。
[PR]
by bombois | 2009-09-01 19:01 | ブラックスワン
<< ブラックスワン 第19話 ブラックスワン第17話 >>