/ 
ブラックスワン 第21話
まっ二つに割れたエンマ大王の中から強烈な光がさし、
ジャーニー達は目がくらみ、床に倒れ込んでしまいます。

やがて、、
光が消えたと思ったら、
中からほどほどにダンディなおじさんが、
トコトコと現れたのです。
「やーどうもどうも、エンマ大王ともうします。」
「ぶっわっ〜〜〜〜〜〜!!」
ジャーニーは驚いたのなんの。

d0103885_20555068.gif


だって最初に見た巨大で真っ黒でおそろしいエンマ大王は
ただの石像、作り物。
それで今目の前にいるどこにでもいるようなおじさんが、
正真正銘の本物のエンマ大王だというのですから。
「君がジャーニー君だね?今日はよろしくねえ。
 わたしはね、今日ほんとにたのしみにしてたんだよ〜。
 着替えたらさっそく始めてもらおうかな〜。あ、楽屋そっちだから。
 ふふふ〜。」
と言ったかと思うと、エンマ様は見物席の方に行ってしまいました。


楽屋に向かう道すがら、ジャーニーは思います。
(エンマ大王。。なんて澄んだやさしい眼差しなんだろう?
 それともイッちゃってる感じかしら?
 ど、どちらにしても、あなどれないわ!あんなド派手な登場の仕方するし!
 はー、びっくりしたわよ。)
ジャーニーは更に気を引き締めそして緊張は最高潮に!


d0103885_20452374.gif

[PR]
by bombois | 2009-10-30 21:13 | ブラックスワン
<< 「そんな言い方、好きだな〜〜」... ブラックスワン第20話 >>