/ 
朝顔 緑のカーテン その2
朝顔の種を6月4日に蒔いて一ヶ月と11日たちました。

じやあああああああん、ここまで大きくなりました。
d0103885_14313874.jpg

いいぞう、いい調子だぞー、あさがお。
たぶんこの調子で行けばしっかり緑のカーテンになってくれると思う。

今年はじめて挑戦した朝顔の緑のカーテンだが、やっぱりこつはあるようで、インターネットでいろいろと情報が得られた。それと、近所のホームセンターでもアドバイスをもらった。
「摘心」(てきしん)という作業があるのだが、蔓が伸びてきて本葉が9枚くらいになったら蔓の先端を切ってしまうというもの。すると本葉のつけねから、またあらたに蔓が出てきて、ボリュームのあるカーテンになるという。
それともう一つやった事は、「蔓の誘引」。
伸びてきた蔓を横方向に巻き巻きした事が良かったように思う。
インターネットの情報では「乙」の字型にネットに絡ませていく、という方がいた。
蔓は見ているとわかるが左巻きに縦に伸びて行きます。左巻きというのをまもりつつ、こっちにもっと葉っぱが増えたらいいなと思う方にくねくねと横方向に巻いて行った結果、けっこうふさふさになったのではないかと思っています。
d0103885_14354172.jpg

無理な方向にひっぱられればひっぱられるほど、こんちくしょーっ、まけないぞーとでも言うように新しく蔓をだしていくようです。いじらしいのう。
今回、種から育てたのですが、一袋に14粒の種が入っていました。袋の裏の朝顔の育て方には、一つのポット(ビニールみたいな素材の黒くて薄い種まき用鉢)に2、3粒づつ蒔き芽が出てきたら元気そうなのを一本残して他は間引くと書いてありました。
でもいざ芽が出てくるとみんなかわいくてけなげで、わたしには間引く事が出来ませんでした。
d0103885_14531214.jpg

しかたがないので14本みんな育てた訳ですが、180㎝幅の緑のカーテンを作るのに普通だと多くても6本の苗があれば足り、14本ー6本で残り8本。その8本を育てるのにもプランターとネットと土を買っていったら、ずいぶんお金がかかってしまった。そしてこの期間すごく忙しかった。植物は待ってくれないのだ!

もう仕方がないので最後に植えきれなかった苗は家の門の鉄柵ふきんに植えて、自然に任せている。

種から育てるよろこびはひとしおだけれど、来年は苗で必要な分だけ買ってきて育てようと強く思ったのであーる!
[PR]
by bombois | 2012-07-15 15:02 | 朝顔
<< TOQUIO(トクイオ)7月の... BUNi PUNi新作木彫り  >>