/ 
ブラックスワン 第2話
「ふわああ〜〜〜〜〜〜」
プッチはのそのそ、それでも一応起き上がります。
「ちょっとー、売り物踏まないで!!それ飯の種なんだよ!
mo−、昔はあんなに可愛かったのになんで今はこんなにでかくなっちゃったのかな、
プッチちゃんは?」
なにげに目をやったプッチの背中をみたジャーニーは
「うあ〜〜〜〜あ〜〜〜あ〜〜〜〜」

d0103885_423494.jpg


「あ〜、久々にきた〜、プッチ!ついちゃったよ!
あんたの背中に引っ付いた!」

d0103885_472044.jpg


ジャニーは着ていたものまで青くなってしまいました。
「こいつは厄介よ!プッチ!あんたの背中にくっついてんのは、
よく言う、思いを強く残して捨てられてしまったお人形さん。
なんとか元の持ち主のもとに戻りたいって言うパターンのあれなわけよ!」
「あれですか?ジャーニーさん、これはマジに厄介ですね?」
「厄介よ!」
「厄介だ!」
「どうしようもなく、」
「そう、どうしようもなく、、、」
でも、言葉と裏腹にジャーニーの心の中には、オレンジ色の花がどんどん
開いていくのです。

d0103885_4194380.jpg


つづく
[PR]
by bombois | 2008-02-21 04:24 | ブラックスワン
<< ブラックスワン 第3話 ブラックスワン >>