/ 
ブラックスワン 第3話
ジャーニーはそっとプッチの背中に引っ付いている人形に近より
話しかけてみます。
「えーっと、多くを話さなくていいのよ。あなたの気持ちは分ります、
わたしだって大人ですもの。
危害は加えないから、まあちょっと落ち着いて、
そのデカうさぎの背中から降りましょうよ。」
「・・・・・・・・・」
とりあえず返事はないものの、お人形はプッチの背中から降り
ぐしゃぐしゃの洋服の上に立ちました。
ジャーニーとプッチは彼が何か話しだすかと思い
ドキドキワクワクとして、穴の空くほど見つめながら待ちましたが、
お人形さんはいっこうに話す気配はなく、
ただただジメっとそこに立っているままなのです。

d0103885_491344.jpg


「・・・元気ないわよね、でもなんとかしてほしい。と思っている。
 っていうか、プッチ踏まないでよ!そのお人形さんををっ!
 いちいちヒヤヒヤするわよ、なんかあんたの存在が!」
「・・・・・・・・・・」
「いやよー!こんどはプッチがだんまりなの?」
「いや、彼どうやったら話してくれるのかなって思いましてね、、」
「んー、そういやそうねー、、」


d0103885_4174819.jpg


二人はお人形さんを囲みじろじろ観察してみました。


つづく
[PR]
by bombois | 2008-02-22 04:29 | ブラックスワン
<< ブラックスワン  第4話 ブラックスワン 第2話 >>