/ 
ブラックスワン 第6話
ヒーーーーーッ!!ゴワイー!!!
二人はギャーギャー怖がります。
「助けてー!!まだ死にたくないよー!!
 せめて彼氏が出来てから死にたいよー!!!」
「おんおんおん、オレもお嫁さん貰いたかったよ〜〜〜」
「何よまだあんた、10代でしょ!いいのよ〜!!
 それよりほんとあたしなんて、年頃だっていうのに
 3年も彼氏いないんだから〜〜!!!
 あれ?ちょっとプッチみて。」
「おんおん、あれ?」

d0103885_4374839.jpg


洋服の中でむくむくうごめいていた恐ろしい怪物は、
さっきがくがく震えながら洋服の中に逃げ込んだパンクスのお人形さんでした。
がしかし、さきほどよりだいぶ巨大化しています。
「なんだパンクスのお人形さんじゃない?」
「え?なーんだ、びっくりさせられられるなー、パンクスのお人形さんには。」
「なんかさー、すごい泣いてるよー、パンクスのお人形さんが。
 ちょっとー、パンクスのお人形さんーー!!!」
「泣かないで、パンクスのお人形さん、
 ね、ぼくらに理由をきかせてよ、パンクスのお人形さん!」
ジャーニーとプッチが声をかけながら近よります。
パンクスのお人形さんはなにかごにょごにょ言いながら
泣き止みません。

d0103885_4465933.jpg


「パンクスとかよばないでください、うっうっ
 ちがうんだー、ぼくはパンクスとかじゃないんだー、うっうっ」
 パンクスのお人形さんは身を固くして泣き止みません。
「楽器だって弾いたことなんかないんだー、うっうっ
 なのにさー、、うっうっ。。」

ジャーニーとプッチは少しめんどくさくなりました。
いちいち「パンクスのお人形さん」と呼びかけなくては、
パンクスのお人形さんとお話っできないのかなーという考えが
浮かんできたからです。

つづく
[PR]
by bombois | 2008-02-28 05:01 | ブラックスワン
<< 「ぼくらのミリタリー・パレード」 ブラックスワン 第5話 >>