/ 
<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ブラックスワン第16話
久しぶりの休日、2人は部屋でくつろいでいます。

「いろいろ忙しいけど、仕事楽しいし、みたされてるわ〜。」
「おー、いいねー、ジャーニー、やっぱあれだ、
 卵屋商売始めてから、輝いてるっつうの、き、きれいだよ。」
「きゃ〜ほんと?ありがとー♪♪
 わたし、モウルに感謝してるよ。だって卵屋さん始められたのも
 もとはモウルが植物園作ってくれて、ニワトリ持ってきてくれた事が始まりだし、
 モウルのお陰だよ。」
「ジャー二ーにそういう才能があったんだよ。」
「いえいえ。ドゥフフ〜♪
 あーん。。でもモウルと会う時間がほっんと少なくなっちゃった。。
 モウルも最近あんまり来てくれないし。。」
「ジャーニーが忙しいからなー。。あんまり来てもあえないでしょ。」


d0103885_135727100.jpg



ジャーニーはもっとモウルと一緒にいられないかと考えをめぐらせます。

「あ!そうだ!」

ジャーニーはモウルの生きる地上の世界でも卵屋事業をはじめれば、
モウルが来るのを待っていなくても、もっと一緒にいられると考えたのです。
もちろん、地上にはサンサンと輝く太陽があるので、
おいしい卵もあるでしょうが、商売のやり方として自分のメソッドは
成功するとふんだのです。

「ね、だって地上には、いけてるゆで卵スタンドってないでしょー?
 まずはそこから!」
「んー、なーるホド。。ジャーニーがそういうならいけっかもしんね。」

ふたりは新しい希望に胸を弾ませこれからの事を話し合いました。
ところが急にモウルが暗い表情になりポツリと言いました。

「やっぱ、ムリだ。」

d0103885_1411842.jpg



つづく
[PR]
by bombois | 2008-06-28 14:05 | ブラックスワン
ピーター・ポマー  THE BLACK ANGEL'S DEAD SONG
静岡の三島にあるヴァンジ庭園美術館に
ピーター・ポマーのドローイングの展示を見にいってきたんじゃ。

平日の雨の一人旅、うきうきはしなくても旅情たっぷりのなか
ピーターさんの絵を見る事が出来ました。
遠かったけど来てよかったなー。大好き!この世界。
ちいさいころ感じたミルクくさい気分に包まれてきて、じーっとずーっと
その場所にいたかった。実際ずいぶんいたとおもうんじゃ。

d0103885_16185092.jpg


ここの美術館はヴァンジさんという、なんでもすごい彫刻家の
作品が数多くあり、美しい庭園にもぼこぼこ彫刻が配されています。
それでヴァンジ彫刻庭園美術館なのです。

クレマチスの丘というところにあるんじゃよ。
そしてほかにもベルナール・ビュフェ美術館も
ここの敷地内にあり、こちらもよかった!
ベルナール・ビュフェはフランスの画家さんです。
美術の教科書にものってるような有名な画家らしのですが、わたしは知らなかった。
ビュフェが愛する奥さんを描いている作品がとても好きになった。


ビュフェはあまりにも早い時期に名声を得すぎたためか、
後年の作品にはややマンネリ化の傾向が指摘されるなど、厳しい見方もある。
とウィキペディアに書いてあったが、
あんだけ作品を作りつづけ、発表し続け、とてつもない苦悩があったろとおもう。
そのビュフェを支え続けたアナベル夫人の存在にも、
わたしは感動したなあ。

その日沼津に一泊して、
次の日港に行き、おいしいお寿司たべて、
帰りみち、熱海よって温泉はいって帰ってきたんじゃよ。
[PR]
by bombois | 2008-06-25 16:23 | 普段
ブラックスワン15話
産んだばかりの卵は、栄養価が高く
日光のあたらないこの世界の住人には信じられないくらいの
おいしさでした。

ジャーニーの卵屋さんはバカ売れ!!
大変な人気となり、
「そうねー、もうちょっと何か発展してみようかしら?」
と考えたジャーニーはゆで卵屋さんの屋台を始めました。
すると、こちらもバカ売れ!!
連日行列の耐えないお店となったのです。

d0103885_13585674.jpg


もともと商売っけのあったジャーニーは、
次はこれやってみようかしら?
という具合に、卵レストラン、卵酒パーラー、卵の殻肥料
卵エステ、卵燃料の開発と、どんどん商売を広げていき、
そして全部、バカ売れ!!!
あっと言う間に時代の寵児となりました。


つづく
[PR]
by bombois | 2008-06-24 14:01 | ブラックスワン
フィルム・オブ・ザ・デッド!!!!!!!!!!
原宿キネアティック
で映画を見てきました。

[ FILM OF THE DEAD]
監督 品田竜輔

d0103885_13391996.jpg


腐ってもGO!切ない!可笑しい!
青春セルフドキュメンタリー。
ゾンビハンターに指図される俺、品田。30歳。
助監督リタイヤ、バイトもクビ、彼女も去った。。。
でも俺はとるぜ、撮り続けるぜ!・・・・・腐っても・・俺。
(宣伝文句より)

d0103885_13395714.jpg


映画は例により
「みてよかった。」「みなきゃよかった。」「どっちでもよかった。」
 ということと、あと簡単な感想にしたいとおもいます。

 ○ 今回は 「みてよかった!!!!!」 と思いました。
         
 ○ 簡単な感想は、・ゾンビ怖い、きもちわるい、リアル。
          ・青春っていいなー!品田監督いいぞーー!!
          ・笑うとこいっぱいだったが、会場ちいさく、
           目立ったらいやなので、おもいっきり笑えなくて
           くねくねした。

キネアティックでは6/6まで夜9時〜
その他に@アサヒアートスクエアで6/28 13:00〜
[PR]
by bombois | 2008-06-04 15:47 | 普段